初めてお金を借りるならどこがいい?借入のお役立ち情報

初めてお金を借りるならどこがいい?カードローンはどんな点を重視するかにより、最適な申し込み先が変わってきます。 初めてお金を借りる時の必要書類は?審査に通るの?など初心者の疑問に答えます。

初めてお金を借りるならどこがいい?

初めてお金を借りるのは不安を感じることも多いですよね。
冠婚葬祭や、突然の飲み会。「急にお金が必要になったのに手持ちがない」そんな時にカードローンやキャッシングはとても便利な方法です。

お金を借りる

しかし「金利が高い」など、マイナスなイメージを持つ人も多く、中には利用をためらう人もいるでしょう。また、たくさんある業者の中から、どうやって自分に合った業者を選べば良いのか迷われている人もいるかもしれません。

そこでこの記事では、初めてお金を借りるならどこがいいか、初心者にもわかりやすく手順や方法などを解説していきたいと思います。

初めてお金を借りるなら方法は大きく分けて3種類

初めてお金を借りるならどこがいいか、一般的な方法としては3つの選択肢に絞られます。

  1. クレジットカードのキャッシング機能を使う
  2. 急ぎでないなら銀行で融資を通す
  3. 即日融資を目指すなら消費者金融

手持ちのクレジットカードにキャッシング機能があり、そして少額の借り入れで済むならそちらでお金を借りるのが一番簡単でしょう。

初めて借りるなら1番簡単なのはクレジットカードのキャッシング機能

初めてお金を借りるならどこがいいか、1番簡単なのは既に持っているクレジットカードにキャッシング機能がついているならそちらを使うことです。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というものが存在します。

  1. ショッピング枠:買い物をして後でお金を払う
  2. キャッシング枠:生活費など必要なお金を借りる
クレジットカード申し込み時(契約時)にキャッシング枠が設けてあるならば、新たに審査を通す必要もありませんし、初めてでも決められた限度内でお金を借りることができます。
 コンビニATMや銀行ATMなどで借りることができるので、新たにカードローン申し込みをするのと比べるとシンプルで簡単です。

クレカにキャッシング枠が無いならカードローン

次に初めてお金を借りるならどこがいいか。現在のクレジットカードにキャッシング機能がついていない人には、銀行、もしくは消費者金融でお金を借りるのがオススメです。

持っているクレジットカードにキャッシング枠をつけてもらえば良いのでは?と思うかもしれませんが、クレジットカードにキャッシング枠をつけるのは、増額審査を受けることと同様になってしまうからです。

新規のカード発行と違い、カード各社はキャッシング増額で即日審査を積極的に進めていません。
新規申し込みとほぼ同様の審査をします。

 当日に結果が出る可能性もありますが長くかかる場合もあり、増額審査=再審査になるので場合によっては、逆にショッピング枠に悪い影響があるケースもあるのです。

銀行カードローンで初めてお金を借りるなら

  • 急ぎではないけれどお金は必要
  • 即日融資(スピード)よりも金利の安さで決めたい

    このような場合は銀行カードローンでお金を借りることがおすすめです。

    銀行で借りる

    ただし銀行からお金を借りる際は、自分に合ったローン商品を選択する必要があります。銀行にはカードローン以外にも以上のような様々な種類のローン商品を扱っています。

    目的がないのであればフリーローンで良いのですが、車を新たに購入するなど目的があるならそちら向けのローンに申し込みましょう。

    ローン商品利用目的融資限度額(相場)審査時間(目安)
    フリーローン原則自由(※)1万円~1,000万円1週間~2週間程度
    カードローン原則自由(※)1万円~800万円2営業日~3営業日程度
    事業者ローン事業資金10万円~1億円2週間~1か月程度
    自動車ローン自動車購入資金10万円~1,000万円2週間~1か月程度
    教育ローン教育資金30万円~800万円2週間~3週間程度
    住宅ローン住宅購入資金50万円~1億円2週間~1か月程度
    リフォームローン住宅増改築資金30万円~1億円2週間~1か月程度
    ブライダルローン結婚資金10万円~800万円2週間~3週間程度

    銀行カードローンの方が金利が安い

    消費者金融やクレジットカードよりも銀行カードローンの方が金利は安いです。まずは、大手銀行と大手消費者金融が展開しているカードローン商品の金利の違いを確認しましょう。

    消費者金融カードローン金利
    プロミス年4.5%~17.8%
    SMBCモビット年3.0%~18.0%
    アコム年3.0%~18.0%
    アイフル年3.0%~18.0%
    レイクALSA年3.0%~18.0%
    三井住友銀行カードローン年4.0%~14.5%
    三菱UFJ銀行 バンクイック年1.8%~14.6%
    みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%
    オリックス銀行カードローン年1.7%~17.8%

    消費者金融の上限金利は18%程度であるのに対して、銀行カードローンの金利は上限15%程になっています。

     初めての借り入れの場合、上限金利が適用されるケースがほとんどです。そのため金利で選ぶなら、銀行カードローンの方が有利と言えます。

    銀行カードローンは2018年から自主規制で難しいかも

    ただしアルバイトやパートなど一部の属性によっては初めてお金を借りるのに銀行カードローンは難しい可能性があります。

    というのも2018年1月より銀行カードローンでは即日融資が不可となり、審査が厳しくなっているからです。

    そこに至る経緯なのですが、銀行カードローンについてNHKのクローズアップ現代で2017年4月に放送されて問題が明るみにでたことにあります。

    問題の内容としては、

    • 返済能力が明らかにないのに下請けの会社に審査と保証を付かせることで、年収の1/2までの借入ならお金を借りることができたというもの。
    • 完全な専業主婦でもどうにか銀行カードローンを発行することで50万円くらいまでは融通することができたということ。

    これらが、銀行の私利私欲で多重債務者を増やす結果しかならないとNHKのクローズアップ現代で問題定義されたのです。

    その後、麻生太郎財務大臣の意見で「急遽総量規制に銀行も適用することはないが今後検討していく」との声を受け、2018年から銀行カードローンは即日融資を自主規制する運びとなりました。

     その点、消費者金融は即日融資のサービスも健在となっています。そのため、銀行カードローンよりも早く審査が終了する消費者金融の方に軍配が上がります。

    即日対応を目指すなら消費者金融カードローン

    銀行カードローンと消費者金融を比較した場合、消費者金融の方が審査に通りやすいと言われていますが、実際に通過率を見るとやはり消費者金融の方が高い傾向にあります。

    消費者金融で借りる

    原因の1つとしては銀行カードローンの方がリスクを回避するため返済能力を重視する傾向にあり、時間を掛ける分審査を丁寧に行って、申込者の情報を隅々まで確認しているからです。

    消費者金融なら初めての人でも即日融資が可能

    ではアルバイトやパート、派遣社員など審査が特に不安という人が初めてお金を借りるならどこがいいかというと、消費者金融系のカードローンとなります。

    消費者金融のカードローンは初めてお金を借りる人でも担保や連帯保証人が不要、即日融資にも対応しています。審査時間は最短30分で、上記の方法の中では最速のスピードです。

    即日融資のコツ
    まずはWebからお申込
    カードローンの審査は申し込み順に実施されるので、とにかく早く借りたい!という方はWeb申込を済ませましょう。早く申し込むほど、早く審査が行われます。
    最短30分で審査完了
    本人確認書類と収入証明書類をカメラで撮影し、画像ファイルアップロード、もしくは送信。上記で紹介しているカードローンであれば、最短30分程で審査が終わります。審査結果は入力した電話番号にご連絡。審査に通れば希望の銀行口座にお金が振り込まれます。
    ATMでカードのご利用
    審査に通った時点でカードのご利用が可能です。当サイトで紹介している全てのサービスが24時間、コンビニエンスストア等のATMからお金を引き出すことができます。

    また、web契約を利用すると、スマホひとつで申し込みから借り入れまで完結するので、自宅にいながらお金が借りられるのも嬉しいポイントです。

     銀行の営業時間外や土日、祝日といった日でも、インターネットから申し込みを済ませることで、無人契約機でカードを受け取り365日の即日融資が可能となります。※それぞれの金融会社で営業時間は変わります。

    初めてお金を借りる人も安心!キャッシング利用率は意外と多い

    初めてお金を借りるとなると、そもそも自分でも借りられるのか不安に思ってしまうかもしれませんが大丈夫。

    アコム 派遣

    ※アイフル「みんなの情報をご紹介します」より

    これは、アイフルの「みんなの情報をご紹介します」ページに公開されている年収の割合ですが、収入が低いとされるパート・アルバイト・契約社員のカードローン利用者でも全体の25.3%意外と高いということが分かります。

    本来キャッシングは小口の融資に適した金融商品です。 そのため、フリーターやパートの方でも申込条件を満たす方であれば誰でも利用することができます。

    専業主婦は初めてでも消費者金融の審査に通らない

    収入のある女性に対して、収入のない女性の借入先は限られてきます。

    パート・アルバイトと収入のない女性の借入条件を各金融機関で調べた結果は以下の通り。

    会社名対象者
    パートアルバイト収入のない女性
    プロミス×
    アコム×
    アイフル×
    SMBCモビット○(※)×
    Sulali×

    では収入のない女性はどこもお金を借りることが出来ないのかと言うとそうではなく、配偶者に安定した収入があるなら、収入のない専業主婦が初めてお金を借りるなら方法は2つ。

    1. 配偶者貸付を行っている銀行から借りる
    2. 配偶者貸付を行っている中小消費者金融から借りる

    特に銀行の女性向けカードローンは消費者金融と比べて審査は厳しくなるものの金利が圧倒的に低いのが特徴です。

    銀行で借りる

    都市銀行、ネット銀行であれば居住地や勤務地を問わず利用可能。ただし、即日融資は銀行カードローンの審査制度の関係上、一切不可能となっているので注意しましょう。

    初めてお金を借りる人が審査落ちに注意すべき点

    1. クレジットカードのキャッシング機能を使う
    2. 急ぎでないなら銀行で融資を通す
    3. 即日融資を目指すなら消費者金融

    初めてお金を借りるならどこがいいのか、ここまでおすすめの借入先の特長をまとめてきましたが、銀行にしろ消費者金融にしろ正規の業者である以上必ず審査が行われます。

    初心者の場合審査に落ちる可能性は低いのですが、それでも下記の項目に引っ掛かってしまうとカードローンの審査に落ちてしまう場合があります。
    ひとつひとつ自分が否決になる原因に該当していないか見ていきましょう。
    審査 疑問

    年齢制限に引っ掛かる

    カードローンにはそれぞれの会社で年齢制限があります。その為、未成年の女性や66歳以上もしくは70歳以上の女性はカードローンに申し込みできません。

    未成年の人は仕方がないのですが、65歳以上の女性は70歳まで利用できる消費者金融や銀行に改めて相談してみましょう。

    安定した収入がない

    カードローンの審査では、年収の高さよりも安定した収入があるかどうかを重視し審査を行っています。

    お金がない

    いくら年収が平均以上だったとしても、収入が入るペースが不規則だったとしたら、それは収入が安定しているとは言えません。

    アルバイトの収入だったとしても、毎月定期的に途切れない収入が、カードローン審査に有利になると言えます。

    勤続年数が短い

    消費者金融の審査では、意外なことに年収の額よりも勤続年数の長さが重要視されます

    そのため勤務をはじめてから1年程度がたってからでないと一般的な消費者金融での審査には通りづらくなっています。

     カードローンの場合でも最低半年くらいの勤続年数がないと審査に通るのは厳しいと言われています。

    過去に他社への返済で著しい延滞があった

    初めてお金を借りるんだからブラックリストな訳ないじゃんと思われるかもしれませんが、ここでの延滞は消費者金融への返済だけをいう訳ではありません。

    • 携帯電話・スマートフォンの本体代金の分割払い
    • テレビショッピングなどで商品を分割払いで購入した場合
    • 銀行からの借入
    • クレジットカードの支払い
    • 奨学金の返済

    なども対象となるので注意が必要です。

      多くのカードローン会社が利用している指定信用情報機関(JICC)では、利用者が延滞した場合に「延滞情報」を事故情報として登録します。

      信用情報

      登録された事故情報は延滞が解消された後も1年間は抹消されません。

      この個人信用情報機関に事故情報が登録されることを俗に「ブラックリストに載る」と呼んだりします。

       事故情報が登録されている間は、どこの消費者金融や銀行カードローンでも新規の借入契約を結ぶのは難しいのが現状です。

      不安なら審査に通りやすい消費者金融を選ぶべし

      消費者金融の審査通過率が銀行よりも高いと言われる理由は幾つかありますが、原因として審査に費やす時間の違いによるものが大きいです。

      大手消費者金融会社のアコム、プロミス、アイフルは月別に契約率のデータを公表しています。そこで2018年7月から12月までの半年間を比較してみました。
      アコムプロミスアイフル
      2018年7月41.6%44.6%45.3%
      2018年8月43.7%46.4%46.0%
      2018年9月43.4%45.9%46.3%
      2018年10月45.0%47.0%45.9%
      2018年11月44.7%45.9%45.5%
      2018年12月43.7%43.4%42.8%
      6か月平均43.7%45.5%45.3%
      上記のように審査難易度で選ぶなら現在のおすすめはプロミスとなっています。

      プロミスでは女性専用プロミスレディースもあり、男性だけでなくカードローンの利用が初めてで不安な女性をしっかりとサポート。カードローンの審査難易度が低いだけではなく、女性支持率の高さもプロミスの特徴です。

      初めてお金を借りるのであればこのように各会社の審査通過率も考慮してみましょう。

      審査が不安なら「お借入シミュレーション」

      審査を受けようと思っている人の中には「審査に通るか心配で申し込みをためらっている」という人もいるでしょう。

      そんな時カードローンの審査が不安な方は、公式サイトにある「仮診断」を受けてみてはいかがでしょうか。

      仮診断はそれぞれの公式サイトに「〇秒診断」という形で設置されており「年齢」「雇用形態」「年収」「現在の他社借り入れ」などを入力することにより、事前に融資可能か診断してくれる機能です。(各企業によって項目の違いはあります)

      試しに次の条件で「プロミスの3秒診断」をおこなってみました。

      プロミス お借入れ診断

      • 年齢:28歳
      • 年収:50万円
      • 他社借入金額:なし

      この場合、3秒診断では「ご融資可能と思われます」と表示されました。

      プロミス最短60分融資
      プロミスカードレス可能で郵送物なし!
      Web完結可能で来店も不要!
      女性専用プロミスレディースあり
      実質年率4.5%~17.8%
      審査時間最短30分

      WEB完結/来店不要/全国対応/限度額 500万円/

      ※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。

       もしシミュレーション結果で「融資は難しい」と表示されても個人の信用情報に傷が付く事もないので、安心して利用する事が可能です。