【多重債務でも借りれる】お金が必要な時の対処法

多重債務でも借りれる?他社借入4件の人は新たなキャッシングが難しいのは事実です。そこでここからは多重債務でも借りれる可能性の高い対策法をまとめています。

Contents

カードローン・キャッシングの借入件数のボーダーライン

多重債務でも借りれるのは何社までOKかという疑問には、基準が各社によって違うので一概には回答できません。

審査 疑問

ただし、多くの会社では3社までがボーダーラインと言われています。
他社借入4社になるとかなり厳しくなり、他社借入5社の多重債務者だとほぼ通らないとされています。

借入件数担当者の評価
1件全く問題ない
2件返済状況が良ければ問題ない
3件要注意
4件属性が良くない人は審査通過困難
5件以上新規の借入はほぼ不可能

属性によって多少違いますが、借入本数に応じた担当者の評価は上の通りです。

多重債務でも借りれるかは総量規制に掛かっている

多重債務でも借りれるかどうかは総量規制オーバーしているかどうかで変わってきます。

消費者金融による総量規制、及び銀行カードローンでの自主規制による年収の1/3までを貸付上限とする規定があるからです。

つまり、あなたの年収が300万円であれば、あなたの総量規制は100万円までということになります。

返済能力があれば多重債務でも借りれる

ただし返済能力が十分にあれば多重債務でも借りれることは可能と言われている理由は返済能力=年収にあります。

年収が1,000万円や2,000万円あれば総量規制枠を考えても300万円から600万円くらいまで借入することができるでしょう。

現在の借金が150万円や250万円でも、余力十分なら新たに借入することも不可能ではありません。

しかし一般論として考えれば年収がそれだけあれば一枚のカードで最高融資限度額500万円や800万円の借入をすることができるので、銀行カードローンで2%前後の低金利で利用しているケースが多いです。

つまり、消費者金融カードローンの利用者の年収が300万円未満の人が過半数を占めている現状において、もはや借入件数5件になると生活することさえままならない状態になっていることがほとんどです。

多重債務でも借りれるが審査に落ちやすい

また、多重債務でも借りれることは借りれますが、審査に落ちやすいのは借入総額と違って「借入件数が多い」ことにあります。

つまり「多重債務者」だと、これは確実にお金が借りれない原因となるのです。

他社借入4件なら多重債務でも借りれるおまとめローンの検討を

他社借入4件ならおまとめローンの検討をしましょう。新規で融資の申込をするなら、他社借入件数が3件が4件がマックスです。

お金を借りる対策法

多重債務でも借りれるとなると、まともなところはどこも新規でお金を貸してくれません。仮に、融資してくれるところがあったとしても、ヤミ金である可能性が大なので利用しない方が無難です。

とはいえここで自己破産してしまうとクレジットカードを持てなくなったり車の買い替えがむずかしくなります。

自己破産せずに、全額返済するなら方法は1つしかありません。それは複数の借り入れを1つにまとめる「おまとめローン」を利用すること。

複数社のフリーローンをおまとめローンに切り替えるという方法を取ることで、0から冷静に返済について前向きに考えることができますよ。

ここからは借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性のあるキャッシング先をまとめてみました。

セントラル 借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融

借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融セントラルは、中小消費者金融としては珍しくキャッシング専用カードを発行しています。

セントラル

多くの中小消費者金融はお振込みでの融資のみ対応している中、比較的にサービスが充実していると言えるでしょう。

ちなみに、セントラルのカードは、全国のセブン銀行ATMで利用できます。身近にセブンイレブンがある方にとっては、より利便性が高い消費者金融と言えるでしょう。

キャッシングフクホー 借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融

借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融フクホーは、創業50年の老舗ですが、お申し込みから借り入れ・返済まで一切来店する必要が無いという、顧客ニーズに寄り添った対応が特徴的な消費者金融です。

フクホー

レディースローンも用意されているので、消費者金融の利用が不安という女性も気軽に相談できます。

ただし、公式サイトからネット申し込みをした場合、仮審査通過後に

  • 身分証明書の写し
  • 直近の収入証明書
  • 住民票の原本

を郵送しなくてはなりません。手続きは多少手間がかかるので、その点は頭に入れておきましょう。

キャッシングのフタバ 借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融

借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融フタバは、中小の消費者金融としては比較的に知名度が高い会社です。

金利や借入可能額は一般的な中小消費者金融と変わらないのですが、30日間の無利息期間サービスが用意されているという特徴があります。

無利息期間は大手消費者金融の代名詞とも言えるサービスですが、同じことが出来ている中小企業は多くありません。

翌月に一括返済できる程度の少額融資を希望している方にとっては、特にメリットが大きい消費者金融です。

キャッシングエニー 借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融

借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融エニーは、公式サイトで「(他社で断られた方も)現在の状況をご確認させて頂き、ご融資を検討します。」と公言している中小消費者金融です。

キャッシングエニー

もちろん、借り入れできるかどうかは審査の結果次第ですが、お悩みの際は一度相談してみる価値のある会社と言えるでしょう。

TRYフィナンシャルサービス 借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融

借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融TRYフィナンシャルサービスは、金利・限度額ともに一般的で、最短で即日融資も可能な中小消費者金融です。

トライフィナンシャルサービス

サービス面で大きな特徴はありませんが、配偶者貸付制度を採用しているので、専業主婦(主夫)の方でも融資を受けられます。

ただし、配偶者貸付の利用には細かな条件があるため、ご希望の方は事前に公式サイトを確認しておいてください。

アルコシステム 借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融

借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融アルコシステムも、最短で即日融資が可能な中小消費者金融です。

お電話やネットからのお申し込みも可能ですが、特にお急ぎの際は、来店のうえ担当者に直接ご相談ください。

申し込み方法によって審査の所要時間は変わりませんが、店舗でお手続きいただければ、ご契約と同時に借入金を受け取れます。

キャッシングアロー 借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融

借入件数4件までであれば多重債務でも借りれる可能性ありの消費者金融アローには、審査が最短45分で完了するという特徴があります。

審査には数時間をかける中小消費者金融が珍しくない中、このスピードはアローの大きな強みと言えるでしょう。
急ぎでお金を用意したい方には、特にメリットが大きい消費者金融と言えます。

ちなみに、アローには借り換え専用ローンも用意されています。すでに複数社からお金を借りていて、返済の負担を減らしたいと考えている方も、ぜひアローの利用を検討してみてください。

総量規制以上を借りたい!即日を狙うなら?

多重債務でも総量規制以上を借りたい!即日を狙うなら

【アイフル】総量規制以上借りる方法【プロミス】

相談をしたい方に特に人気が高いのがアイフルで、借りれるならすぐに借りたいといった場合も、申し込み後の電話連絡で審査を優先的に進めてくれるのでスピーディな手続きを可能としています。

 銀行での借り入れとなると審査が銀行と保証会社で行われるので相談も何もありませんが、消費者金融の場合には各申し込み者にあわせて審査を行ってくれるので、気になる方は相談をしてみるようにしましょう。

民事再生者でも借りれる金融

いくら消費者金融といえども、総量規制で定める年収の3分の1を超える借り入れや、他社借金の返済ができていないような場合には民事再生者でも借りれる金融がない以上どうにもなりません。

【総量規制オーバーでも安心】おまとめローンのメリット

他社借入5件となると、返済能力も劣ってしまいヘタをすると返済滞納となってしまうことがあります。
もしかしたら既に、毎月の返済は利息だけで精一杯という人もいるかもしれません。

しかし、おまとめローンにすることで借金を一旦リセットできるので、冷静になって今後の返済計画を建てることができます。

おまとめローンのメリットには以下のような項目があります。

  1. 毎月の返済が月1回になる。
  2. 実質年率が低くなるケースが多いので、その結果、支払うべき利息額も減る。
  3. 返済に対して、冷静に前向きになれる。

他社借入5件になるまで、おまとめローンをしたことがなかった人はぜひこの機会におまとめローンすることをオススメします。返済額が減るだけでなく、返済に対して前向きになれること間違いなしですよ。

高い金利を低い金利に借り換える

借金返済の負担は金利の高さがダイレクトに響いてくるので、金利が高い借金があるなら、優先的に低い金利への借り換えをすすめるべきでもあります。

上では多重債務の状況では低金利の銀行カードローン・キャッシングでの借り入れは難しいとしていますが、それはあくまでただ単に細かく借りる場合の話であり、借り換えなどの利用となるとまた違ってきます。

総量規制を超えてしまっ た…総量オーバーで借りれる町金融・中小は?

実際に銀行カードローン・キャッシングの多くは借り換えとしての利用もOKとしているので、ある程度の水準での安定した収入がある方は、多重債務の返済負担を軽減するためにも、低金利への借り換えを考えてみましょう。

総量規制でも借りれる消費者金融

多重債務の状況になっていると、毎月の返済がとにかく大きな負担となります。

消費者金融で借りる

金額的な負担はもちろんですが、それに加えて返済日や毎月の返済金額の確認も大きな手間となり負担となってしまいます。

それを一まとめにできるのがおまとめによる一本化での借り入れで、複数の借金を一つの借り入れ先にまとめられれば毎月の返済が一回で済み、大きな金額を1社から借りることで金利も大幅に下がる可能性が出てきます。

絶対借りれるおまとめローン

おまとめは1社から借りる金額が大きくなるために審査も厳しくなりますが、成功すれば返済の負担が大幅に軽くなるので完済が見えてきます。

おまとめとしての借り入れは一部の銀行カードローン・キャッシングや消費者金融でも対応が可能で、消費者金融は金利が高くなりがちではあるものの、おまとめとしての利用であればいくらか金利条件は良くなる傾向にあります。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は?

多重債務の状態から新たに細かく借りるとなると難しいですが、借り換えやおまとめでの利用となれば、収入やそれまでの他社利用状況、信用情報などによっては借りれる可能性があります。

多重債務でも借りれるからといってやってはいけないこと

多くの借金を抱えてしまっていてもう借りられない、多重債務で返済もどうにもならないからといって、目先のお金だけを追うのはやめてください。

お金を借りる

とりあえずのお金がほしいからとよく分からないところから借りたりしてしまうと大きなトラブルとなる場合があり、自身だけでなく家族や会社も巻き込む大きな問題となることもあります。

特に気を付けておきたいのは闇金融で、借金にまみれてしまってお金が借りられないとなると闇金融に手を出してしまう方もいますが、一度でも借りてしまうと破滅の道しかないので関係を持たないようにしましょう。

絶対借りれる消費者金融極甘審査ファイナンス=闇金

ソフト闇金は法律で定められている金利よりも大幅に高い、異常なまでの高金利での貸し付けとなるため、数万円といった少額の借り入れであったとしても返済額は何倍や何十倍にも膨れ上がります。

多重債務でお金がないから借りたのに、借りた金額に対して何十倍もの返済ができるはずもなく、闇金融への返済ができないからと他の闇金融でさらに借りてしまうともうどうにもなりません。

闇金融は無審査に近く、借りようと思えば誰でも借りれるものであるため、闇金融での多重債務となって破滅をしてしまうといった方も今でも決して少なくはありません。

借金をさらに借りるのは避けよう

カードローン・キャッシングやキャッシングに申し込みをしたけどご融資いたしかねますと審査で断られてしまい、お金が借りられないからとクレジットカードのショッピング枠を現金化するのも避けてください。

ショッピング枠の現金化はカード会社の規約で禁止がされており、利用がバレてしまうとカードの停止となり、今後は返済のみで追加での利用ができなくなってしまいます。

また、中には高額の手数料を取る悪徳な現金化業者もあるため、ショッピング枠の現金化も結果として借金の状況をさらに悪くしてしまうのです。

任意整理・債務整理も検討してみよう

あらゆる策を講じても、自転車操業から抜け出せないこともあります。そのような場合には、以下のような手段を考える必要が出てきます。

任意整理をする

任意整理とは債務整理の代表的な手続きで、裁判の手続きをすることなく債務者と交渉する方法です。任意整理は債務整理の中でも手続きが簡単で、借金の整理方法の中でもよく利用されるものです。

任意整理の流れとしては以下のようになります。

  1. 債務者との間に弁護士や司法書士が介入
  2. 借金を全額払うことができるように見直し
  3. クレジットカード、銀行、消費者金融などの種類を問わず利息を再計算
  4. 利息制限法による借金の引き直しで3〜5年で完済

任意整理をすることで、場合によっては過払い金が返ってくることもあります。しかし過払い金が返ってきたとしても、任意整理をしたという事実は消えないので、覚悟しておきましょう。

自己破産をする

自己破産とは簡単にいえば「全ての借金をゼロにする」という手続きです。自己破産を行えるのは「支払い不能状態」になった場合に限られます。

支払い不能状態とは、現在持っている資産や今後得られる収入などから総合的に判断して、借金を完済することが不可能と考えられる状態のことです。

債務者の経済状況、資産状況が影響するので、一概にいくら借金があれば支払い不能状態か判断することはできません。

ただし自己破産は借金がゼロになってラッキー、というものではありません。もし今後生活が苦しくなっても、ブラックリストに載っている間は金融機関を頼ることはできなくなります。

多重債務でも借りれる可能性ありのキャッシング先をまとめてきましたが、更にキャッシングするのか借金を減らすために動くのか。

こういったメリット・デメリットが自分の生活にどのように影響するのか、しっかり考えて行動するようにしましょう。